ヨーガ・セラピーとは?

What is Yoga Therapy?

ヨーガ・セラピー(ヨーガ療法)

歴史的には、インド・ヒマラヤで行じられてきた伝統的ヨーガには、厳しい生活環境に身を置くヨーガ行者達が培ったストレス対処技法がたくさん伝承されています。そうしたヨーガ技法を、誰もが学び実践できるようにアレンジしたものがヨーガ・セラピーです。心身の不調状態からの健康回復や病気予防に関心のある方に、学び実践することを是非ともすすめたいヨーガ・セラピーは、統合医療の一つに数えられています。ヨーガのアーサナ(体位法)、呼吸法、リラクセーション法、カウンセリング、瞑想法などは自律神経機能を改善し、ストレスに強い心身を養うことができます。

 

世界保健機構(WHO)では、健康の定義を「健康とは、身体的、精神的、社会的、宗教的に良好な動的状態であり、単に病気あるいは虚弱でないことではない」としています。健康とは人間のあらゆる次元で、健やかさが実現されている状態であるということです。こうした総合的な健康を実現するための智慧がヨーガ・セラピーです。現代社会において、多くの人々が絶え間ないストレスにさらされています。こうした環境の中にあって起きる心身の不調和が、ストレス関連疾患である「心身症」といわれる内科的な疾患のきっかけになっています。

 

ヨーガ・セラピーは、心の働きを制御して心身の調和をはかることにより、さまざまな心身症といわれる疾患に有効で、予防医学やストレス・マネジメント、免疫の活性化、脳トレーニング、アンチエイジング効果も期待されます。心身共に元気になり、生活の質を高め、生き方の向上にまでつながるように共に目指していきましょう。

 

プライベートセッション

ヨーガ療法の特徴として最も特筆すべき点は、ヨーガ療法アセスメント(YTA)とヨーガ療法カウンセリング(YTC)が個々の生徒さんの症状に合わせてできることです。 見立てと指導がパーソナルにできること、これが一般ヨーガと全く違うところです。

 

ヨーガ・セラピーは、最初にヨーガ療法カウンセリングによって、クライエント(生徒)の持つ問題・悩み・症状の原因がどのような過程で起こるかを、伝統的ヨーガやアーユルヴェーダの理論をもとにアセスメント(見立て)を行い、それぞれに適したヨーガ・セラピーの技法を選択して提案することができます。この体や心に働きかける技法は、心身の健康をはじめ、人間関係の健やかさや自信、幸福感までも引き出すホリスティック(全人的・総体的)な健康法です。症状の改善を目指すことはもちろんのこと、ストレス性の疾患、生活習慣病、介護予防やPTSD(心的外傷後ストレス障害)などに対しても有効であるという研究報告が増加、現代医学的治療の補助療法として効果が期待できると厚生労働省のホームページにもエビデンス(科学的根拠)が載るようになりました。

 

ヨーガ・セラピーのプライベートセッションは、次のような方におすすめです。

● ストレスを感じやすい、ストレスに影響されやすい方

● イライラや落ち込みなど、精神的に不安定になってしまうことが気になる方

● 何らかの疾患をお持ちの方 

● 妊婦・産婦の方

● 自分のペースでゆったりと学び、実践したい方

 

ヨーガ・セラピーは、病気を治療することを目的としていませんが(治療は医療行為・病院で行います)、病気を抱えながらも、ご自身の健康を増進し、生活の質を高め、毎日を明るく希望を持って生きることを目指します。現在、医療機関で治療を受けている方は、主治医の了解のもとにヨーガ・セラピー実習を始めましょう。初めての方は最初にカウンセリングをし、目的や期間を設定します。合意の上でのセッションになりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

プライベートセッション 75分 ¥6,000(カウンセリングを含む)

 

ヨーガ・セラピー(プライベートセッション)を受けた方の感想

 

                                        (社)日本ヨーガ療法学会会員:認定ヨーガ療法士  太田真由美