2021/08/21
クラス終了後、生徒さんから見せていただいたApple Watch。 「酸素の取り込み量が増えたんです!」 緑内障と強度の貧血をお持ちの方で、 あまりに多忙のため、 「自律神経のリズムが大きく乱れ、酸素の取り込み量が少ない。 疲労感が大きく、1日の心拍の波が大きすぎる、要注意」 とのアプリからの指摘と、 緑内障による視野の欠落の部位が増えて、...
2021/07/02
したいことから、する。 しなければならないことを、 優先順位の1番にするのではなく…… そう思った時、 あれ? でも私はしたいから、してたんだ! 「夏休みの友」  配られたその日から、 ものすごい集中力で取り組んだのは、 早く終わらせたい気持ちも大きかったけど、 ともかく自分がその時したかったから。 終わった、できた!という達成感もうれしかった。...
2021/07/01
私は子供の頃、夏休みに前に 「夏休みの友」だったかドリルのような冊子は終わらせ、 7月中には毎日の絵日記以外、自由研究もほとんど終わっていました。 そして8月は本当にのびのびと、 好きな本を読んで、プールに行って夏を満喫しました。 夏休みの終わり頃、母に妹たちの宿題を見てやってと言われ、 なんでこんなに残してるの?と不思議に思いました。...
2021/06/27
カウンセリング講座で、 私の課題になった 「ほどほど(のがんばり)でも受け入れられた体験」 これはまだ見つけることができません。 でも、とてもシンプルに、 「きれいだ、よかった、うれしい」 という思いを持ったことはありました。 人から受け入れられる という経験は、 人から喜んでもらった体験につながるのかな? 自分が限界を越えるくらい頑張って、...
2021/06/25
もうひとつ思い出したことがあります。 黙祷という言葉を教えてくださった、 小学校3年生の時の担任は、 海の京都、丹後出身の若い女性の先生でした。 長男が当時の私と同じ、 小学3年生になった時、急に先生のことを思い出しました。 「どうして地元ではなく、 京都(市内)で先生になったのか」とクラスの子に尋ねられて、 「好きな人が京都に住んでいるから。...
2021/06/23
そういえば私は一度も、 両親から勉強しなさいと言われたことがありません。 幼少期から体が弱かったので、 ともかく早く寝なさいと言われていました。 長女だから、しっかりしないといけない。 いつも、いいお姉ちゃんでなければいけない。 両親から言われたことはありません。 でも、祖母からはいつもそう言われていたので、 心の中では反発しながらも、...
2021/06/22
強烈な成功体験は、時として反対の効果になる。 自分をその価値観に縛りつける、と、 今回はそう紗智江さんにアドバイスされました。 自分でもそう思い始めていました。 そして、 「そこまで、限界を超えるくらいまで頑張らなくても、 人に受け入れられた体験を探してみる」という、 課題をいただきました。...
2021/06/21
私はヨーガセラピストとしてのスキルアップのために、 自己理解を深めるという目的を持って、 米澤紗智江さんの講座を受講しています。 先日は月に1度のカウンセリング講座。 今月のテーマは「エピソード聴取」 題材が「物心ついてから12才までのよかった思い出」でした。 今までに何度か、このテーマで練習をしています。...
2021/06/03
今日のプライベートセッションの生徒さんは、ちょうど3ヶ月ぶりでした。 花壇もピンクのチューリップやヒヤシンスが咲いていたと思います。 怪我が続いて、久しぶりのヨーガということで、 最近の生活について、体の様子、心の状態を、 じっくりお話しながら聞かせていただきました。 そして以前から、今できることを楽しんでいらっしゃる生き方を、...
2021/05/27
毎月のカウンセリング講座(米澤紗智江さん主催)で学んでいます。 今月のテーマは「自分を伝える」でした。 自分はどんな人か、どんなことがうれしいか、 こんな思いを持って活動しているということを伝えるということで、 改めて振り返ってみました。

さらに表示する